借り入れ簡単のローンサービス

引越し費用や資格取得の為の費用、その他生活費用など、日常生活の中でまとまったお金が必要な場合は、消費者金融のカードローンがおすすめです。消費者金融と聞くと、色々と手続きが面倒なのではないかと思われる方が多いですが、最近はパソコンやスマートフォンからでも簡単にカードローンの申込みが出来る様になっており、そのカードローンの手続きもとても簡単になっています。

また、このカードローンなど、各ローンを組む際に、収入証明書が必要な場合が多く、この事もあり借り入れをしたくても出来ない方も多くいらっしゃいます。この収入証明書は、勤め先の会社に頼んで発行してもらったりと、発行してもらうまでの手間が面倒でもあります。

しかし、最近はカードローン会社が定める金額以下の借り入れの場合など、収入証明書なしの消費者金融で借り入れの申込みが出来る所が増えてきました。この収入証明書を提出しなくていいだけでも、借り入れの際のハードルが下がるので、収入証明書の提出によって借り入れを諦めていた方は、この収入証明書が不要な消費者金融を選ぶ事がおすすめです。

また、収入証明書不要なだけでなく、パソコンやスマートフォンのみで、カードローンの契約が完結する、来店不要型の契約も人気となっています。この来店不要型の契約にする事で、仕事の都合上、店舗へ出向く時間がない方や、申込みをした当日に借り入れを希望される急ぎの方でも、安心して借り入れの申込みをする事が出来ます。この申込みも24時間、ホームページ上から行う事が出来るので、とても便利です。

即日融資のキャッシングなら
即日キャッシング&即日融資【申込前に】確認すべき3つの事-スマホ対応も。また即日審査のマネ蔵やプライムサーチについて調べてみました


即日でお金借りることができました

夏休みを使って旅行に行きたいなと考えています。旅費はなんとか溜まりましたが、せっかく休みを利用した旅行なので少しだけ贅沢がしたいなと考えています。でも貯金は切り崩したくないので、消費者金融からお金を借りようと思いました。消費者金融からお金借りるってサラ金とかぶってしまって、怖いイメージやマイナスイメージがありました。

でも最近ではテレビCMもやってるし、銀行の系列会社がやってたりとかするので、そういうのだったら大丈夫かなって思いました。私は某大手銀行系の会社を選んで、融資の申し込みをインターネットでしました。銀行のATMのところに借り入れコーナーがあるのですが周りの目が気になるので、インターネットでできてかなり助かりました。

インターネットで手続きしても即日で振り込んでくれるっていうのもすごく嬉しいサービスです。申し込んでからすぐにローン会社から電話が来て、すぐに審査に入りました。審査結果も1時間後くらいに結果がわかって、対応の早さに驚きました。それから身分証を送るように言われたので、すぐにFAXしました。

夕方には口座を確認すると振り込まれていました。お金借りるってこんなに簡単に即日でしてもらえるんだとびっくりしました。月々の返済も無理なくできそうなので、無茶しないように気を付けながら旅行を楽しもうと思います。


目的別ローンにはないフリーローンのメリット

借りたお金をどのような目的で使ってもいいというのがフリーローンです。たとえば、買い物のためにも使ってもいいですし、食事やレジャーのために使っても問題ありません。フリーローンとは対照的なものとして、目的別ローンがあります。目的別ローンの場合は、借りたお金をどのように使うのかということが決められています。

たとえば教育ローンに申し込んだ場合、そのお金は学校の入学費や授業料など教育に関係することに使わないといけません。フリーローンで借りたお金は何に使ってもいいので、勿論、学校の授業料の支払いに利用してもいいのですが、フリーローンと目的別ローンとでは金利に差があるので、目的別ローンで支払えるものは、目的別ローンを利用した方がいいでしょう。

利用目的がフリーのローンのメリットとしては、使い方が自由というほかに、現金を直接手に出来るというものがあります。たとえば、車を購入するためのカーローンの場合、お金は車を販売しているディーラーの口座に直接振り込まれるという場合が多く、そのは場合は現金を手にすることが出来ません。なので、車とは別に備品をディーラーとは別の店で買いたいという場合は、ローンで借りたお金を利用することが出来ません。

しかし、利用目的がフリーのローンであれば直接お金を借りられるので、借りたお金でテレビを購入して、更に別の店でエアコンを購入するといったことが可能です。


金融機関ごとのカードローンの特徴

カードローンは多くの人が利用している人気の商品で、様々な金融機関が取り扱いを行っています。商品内容は業者ごとに異なっていますが、担保や保証人は不要で審査時間が短いということが基本的な特徴です。このために手続きを簡単に完了させることが出来るので、急いでいる時の利用に向いた内容となっています。

また、投機や事業での利用は認められていませんが、個人として使用する分には制限はありません。生活費の補充だけではなく遊び目的での利用も認められているので、急に予定が入ってきた時などには便利な商品です。

20歳以上で安定した収入を得ているということが一般的な申し込み条件で、正社員に限定された商品ではありません。このためにアルバイトや派遣社員でも利用可能であり、これらで収入を得ている学生や主婦の利用者も多数存在しています。

このような多様な魅力を持っているカードローンは、金融機関ごとに異なった特徴を備えています。自分と合った内容の商品を選択するためには、この金融機関ごとの特徴を把握しておくことが必要となります。

消費者金融系カードローン

カードローンは、元々は消費者金融が専門的に取り扱ってきた商品です。このために、現在でも消費者金融のサービス=カードローンと認識されるほどです。カードローンの特徴である短時間の手続きでお金を借りられるという部分が、消費者金融が提供している商品では特に重視されており、申し込み当日にお金が借りられる即日融資の実施が基本となっています。このために、急いでいる時の選択には最も適当です。

また、これをサポートするためのサービスも充実しており、店頭窓口と同様に審査と契約の手続きを同時に完了できる自動契約機の導入や365日24時間申し込み可能なインターネットでの受け付けも行っています。

これらを利用することにより、遅くまで仕事が終わらない人や店員と顔を合わせたくない人でもカードローンの審査に申し込むことが出来ます。さらに、初めて申し込む女性がスムーズに手続きを完了させられるレディースローンというサービスを導入している業者も少なくはありません。

審査の申し込み時に必要となるのは、運転免許証や健康保険証などの身分証明書1点が基本で、状況によっては源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書の提出も求められます。いずれにせよ準備に時間を取られる様なことはないので、急いでいる時ほど利用価値は高くなります。

銀行系消費者金融の内容

ただし、消費者金融はひとくくりに出来ないほど多様化しているので、全てが同じ特徴を備えているとは言えません。特に、大手を中心とした業者は銀行グループに所属して業務を行うようになっており、銀行系消費者金融という新しい金融機関と認識されています。

銀行系消費者金融は、アコムやプロミス、モビットなどのテレビのコマーシャルでおなじみの業者のほとんどが該当しており、銀行と消費者金融の中間の性格を持つ金融業者です。銀行に求められているモラルを守りながら消費者金融的なサービスを提供しており、カードローンの内容はかなり魅力的です。

個人向けの小口の融資ということが消費者金融のサービスの特徴ですが、銀行系消費者金融のカードローンの融資額の上限は500万円に達しています。このために短期的な利用だけではなく、長期的な目的でも使用することが出来ます。

カードローンの金利は、利息制限法という法律の範囲内であることが決められています。利息制限法とは経済的弱者の立場にある債務者の保護を目的として昭和29年に施行されており、元本が10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%が金利の上限としています。

このように元本が大きくなるほど上限金利は低くなるので、借り手側の負担を考慮した形となっています。ちなみに大手銀行系消費者金融アコムが提供しているカードローンの融資額は1万円から500万円で、貸付金利は4.7%から18.0%です。

<銀行系消費者金融>

  • アコム
  • モビット
  • プロミス
専業系消費者金融の特徴

一方で銀行グループに所属せずにサービスを提供している業者のことは、専業系消費者金融と呼ばれています。個人向けの小口の融資という従来通りの商品を取り扱っており、少額を利用したいという時の選択に向いた内容です。

また、専業系消費者金融は地域密着型の業者が多いということも特徴です。このタイプの業者は大手の様に全国展開していないので、申し込み者もそれほど多くはありません。このために、個別の対応を重視しなければ利益を上げることが出来ないので、独自の基準で融資の合否を決定しているケースもあります。

カードローンの審査は、多くの金融業者が加盟している信用情報機関への照会が中心で、登録されている利用履歴や借入残高などのクレジットヒストリーが合否を左右する重要なポイントとなります。

例えば、自己破産などの債務整理を行ったことや約定返済を行わずに放置したことが登録されている場合は、ブラックリストに載っていると表現される状態となります。これらが登録されている場合は、信用取引を行える状態にないと認識されるので、審査に通過することは非常に困難となります。

しかし専業系消費者金融の中には、信用情報機関への照会を行わずに合否を決定するという内容の審査を実施している業者も存在しており、ブラックOKという風に紹介されているケースがあります。この様に大手とは違うスタイルでサービスを実施しており、審査に中々通らないというい人でも利用できる可能性があるということが特徴です。

<専業系消費者金融>

  • フクホー
  • フタバ
  • ユーファイナンス
  • アルコシステム

信販系カードローン

消費者金融と同様に貸金業者に分類されているクレジットカード会社も個人向けのカードローンを取り扱っており、特徴を生かしたサービス内容となっています。基本的には銀行系消費者金融が提供している商品と似ており、即日融資が期待できるスピード審査の実施と、最高で500万円を超える融資枠を用意しています。このために、急いでいる時の短期利用と共に長期的な使用にも適正のある内容を備えています。

また、クレジットカード会社ならではのサービスを用意していることも信販系カードローンの特徴で、提携施設での優先利用などが付加されています。例えばオリックス・クレジット株式会社の個人向けカードローンVIPローンカードの場合は、オリックスグループのレンタカーやホテル、ゴルフ場などが優待価格で利用できます。

これは消費者金融系のカードローンでは見られないサービスであり、金利や融資枠などが似たような内容であれば、こちらを利用する方がお得なケースがあります。なお、信販系カードローンは商品ごとに貸付金利には違いがあり、セディナのフォーライフDXカードが8.0%から18.0%に対してオリコのCRESTは4.0%から11.8%です。

<信販系カードローン>

  • オリックス・クレジット VIPローンカード
  • オリコ CREST
  • セゾンファンディックス VIPローンカード
  • セディナ フォーライフDXカード

銀行系カードローンの内容

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者のサービスは、貸金漁法という法律を順守しなければなりません。この法律は2006年に改正されており、2010年に完全施行されています。この中の最大の目玉部分が、借入は年収の3分の1以内に制限するという内容の総量規制というルールの導入です。

総量規制は安易な借り過ぎにより多重債務となり、返済不能という状況に追い込まれる利用者を減らすことを目的としています。このルールが施行されたことにより、貸金業者のカードローン審査では希望額が50万円を超える場合と希望額と他の業者からの借入が100万円を超える場合は収入証明書類の提出が求められます。

また、自分自身では収入を得ていない専業主婦の場合は、貸金業者が提供している個人向けカードローンを利用することは出来ません。これらは、いずれも利用する側の経済状況の破綻を防ぐことを目的としています。

しかし、既に年収の3分の1以上の借入がある人や専業主婦は新規借入が出来ないということであり、かなり苦しい状況に追い込まれてしまっているケースも少なくはありません。ただし、これらの人が全てのカードローンを利用できないというわけではなく、貸金業者以外の金融業者が提供している商品を選択するという方法もあります。その代表が、銀行本体が取り扱っているカードローンです。

銀行は融資以外に預金や為替などを行っており、貸金業者には分類されていません。また、元々審査の基準は厳し目で安易な貸付を行っていないということも、総量規制の対象から外れている理由となっています。いずれにせよ年収により借入が制限されることはないので、多重債務者や専業主婦であっても申し込みの段階ではねられることはありません。

メガバンク系カードローン

銀行系カードローンの中で広く知られているのが、メガバンクと呼ばれる大手銀行の商品です。提供している業者が安定しているということが、これらの商品の最大の強みです。情報公開が徹底しているので透明性が高く、安心して利用できるということがメリットと言えます。

メガバンク系カードローンの具体的な商品内容は、大手貸金業者の商品よりも融資枠が大きく金利が低いということです。例えば、みずほ銀行のカードローンであれば融資枠は最高1000万円で、金利は4.0%から14.0%です。

ただし、この様に優秀な内容を備えているために、利用するためにはそれなりの返済能力が求められます。また、それを調査するための時間が必要となるので、必ずしも即日融資は実施されておらず、結果が判明するまでには数日程度かかるのが一般的です。

<メガバンク系カードローン>

  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
ネット銀行系カードローン

個人向けカードローンを取り扱っているのは、何もメガバンクに限ったわけではありません。地方銀行も含めて多くの銀行が独自の商品を提供しており、その内容は非常に多様です。その中で非常に際立った特徴を有しているのが、インターネットからのサービスを中心としているネット専業銀行の商品です。

これらは窓口業務を行っていないので、人件費などの維持費用を大幅に削減できます。この分をサービスに還元できるので、カードローンの商品内容にも反映されています。住信SBI銀行が提供しているMR.カードローンは、融資額の最高は1000万円と大型の商品であるにも関わらず、年1.99%から年7.99%という低金利が設定されています。

ネット銀行系カードローンの特徴は、商品内容が魅力的というだけではありません。窓口業務を行っていないということから手続きはネットからとなり、自宅から全てを完了させることが可能です。ただし、コールセンターを活用するなどの方法によりオペレーター業務は機能しているので、分からない部分が生じた時にはサポートサービスを受けることが出来ます。

運転免許証や収入証明書類などの必要書類の提出方法は、公式サイトの専用フォームから画像を送信するという内容です。担当者と顔を合わせる場面は一切ないので、自分のペースで緊張することなく手続きを進めることが出来ます。

一方でネット銀行系カードローンはサービスを利用するためには口座が必要となるケースが多いので、保有していない場合は開設しなければなりません。このために、口座を保有していない段階での即日融資は期待できないので、スピードという部分では十分ではありません。

<ネット銀行系カードローン>

  • 住信SBI銀行 MR.カードローン
  • 楽天銀行 楽天銀行スーパーローン
  • じぶん銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
  • オリックス銀行 カードローンバンクイック
信用金庫系カードローン

信用金庫は、資金の移動や手形の発行、融資の実行などを地元の活性化のために実施している金融機関で、個人向けのカードローンを提供しています。信用金庫系カードローンの特徴は、一つの業者が複数の商品を取り扱っているということです。

これは、信販会社や消費者金融業者が保証会社となっている場合としんきん保証基金という信用金庫の社団法人が保証会社となっているケースがあるからです。このために、信用金庫系カードローンの場合は、業者ごとの比較と共に取り扱っている商品ごとを比較するのが適当です。

また、地域に根差したサービスを提供しているということから申し込み条件の年齢の上限が70歳を超えている場合もあります。これは、他の業者では見られない内容であり、カードローンの利用を希望している高齢者におすすめ出来ます。

<信用金庫系カードローン>

  • しんきんカードローン
  • きゃっする